酪農学園後援会 > 寄付のお願い

寄付のお願い

この法人は、健土健民の理念に基づいた、学校教育の振興と酪農後継者の育成、酪農 ・農業・食品・環境・獣医学等の学術及び科学技術の振興、国際教育交流の推進、酪農文化の普及・啓発活動をとおして社会をリードする有用な人材の育成に努め、酪農及び食料関連産業の振興を図り、社会に寄与する事を目的とする。

寄附のお願い

公益財団法人酪農学園後援会の支援事業をより充実したものとするためには、今後も豊かな資金が必要となります。本財団の活動の趣旨にご賛同いただき、皆様の寄附(維持会員・賛助会員への加入)によりご支援いただきますようお願いいたします。

(1)対象

在校生保護者・卒業生・一般個人・法人

(2)受付期間

随時

(3)寄附金の受付方法

1.現金の場合・・・・・お手数ですが、後援会事務局までご持参ください。
2.振込の場合・・・・・在校生保護者・卒業生・一般個人・郵便振込(振込手数料はかかりません)
法人
銀行振込(振込手数料は恐れ入りますが、法人様の負担とさせていただきます)

振込口座

北海道銀行 大麻支店 普通預金 162721
北洋銀行 江別中央支店 普通預金 006433
口座名義:公益財団法人酪農学園後援会

(4) 領収書の発行

入金の確認後に、免税措置の印刷された領収書を送付いたします。

(5) 寄附金に対する免税措置

≪ 国税 ≫
1.個人の場合
特定公益増進法人に対する寄附金として、寄附金控除を受けることが出来ます。
寄附金が2千円を超えた場合、2千円を超える部分(年間所得の40%が限度)について、その年の課税所得から控除されます。

所得-「寄附金(所得の40%を限度)-2千円」×税率=税額 ※本財団が発行する領収書によって、寄附金控除が受けられます。確定申告時に添付して申告して下さい。

2.法人の場合
国や地方公共団体に対するものや、指定寄附金については、その金額を損金算入することができます。それ以外の特定公益増進法人に対する寄附については、一般の寄附金の損金算入限度額と同額(*1)までを別枠で損金算入すること ができます。

*1 「(所得金額×5%)+(資本等の金額×0.25%)」÷2
※本財団が発行する領収書によって損金算入の手続きができます。

≪ 地方税 ≫
個人住民税における寄附優遇の措置 (平成20年度税制改正において抜本的に拡充)
1.都道府県または市区町村が条例により指定した寄附金(公益社団・公益財団法人に対する寄附金等)が寄附優遇措置の対象寄附金となります。
2.以下の金額を個人住民税の額から控除
ア、都道府県が条例で指定した寄附金・・・・(寄附金額-2,000円)×4%
イ、市区町村が条例で指定した寄附金・・・・(寄附金額-2,000円)×6%
※都道府県及び市区町村から重複して指定された寄附金は・・・・(寄附金額-2,000円)×10%
3.当会は、21年度から北海道と江別市より条例指定を受けております。

(6)広報誌への掲載

酪農学園後援会発行の「健土健民」に寄附者の方々のお名前を掲載させていただきます。
「健土健民」・・・・年3回発行

(7) 問い合わせ先

公益財団法人酪農学園後援会事務局
℡ 011-386-1195 FAX 011-386-4541
メールアドレス rg-koen@rakuno.ac.jp

このページのTOPへ戻る