酪農学園後援会 > お知らせ > 公益財団法人酪農学園後援会奨学寄附金取扱規程

Topics

掲載日:2013.07.09

公益財団法人酪農学園後援会奨学寄附金取扱規程

公益財団法人酪農学園後援会奨学寄附金取扱規程

(目 的)
第1条  この規程は、公益財団法人酪農学園後援会(以下「後援会」という。)が受け入れる奨学寄附金の取扱について、受入基準等必要な事項を定めることを目的とする。

(定 義)
第2条 この規程において奨学寄附金とは、後援会の定款第4条の事業助成を目的に受け入れる 寄附金をいう。

(受入の原則)
第3条 奨学寄附金は、教育・研究上有意義であり、かつ教育・研究に支障を生じるおそれがないと認められる場合に限り受け入れるものとする。

(申 込)
第4条 奨学寄附金としての寄附をしようとする者は、次の各号の事項を記載した寄附申込書(別紙様式)により、理事長宛に申し込むものとする。
  (1) 寄附金額
  (2) 寄附者の名称及び主たる事務所の所在地並びに代表者の氏名(寄附者が個人の場合は、氏名、住所)
  (3) 寄附の目的
  (4) 寄附の条件がある場合は、その条件
  (5) 寄附金に名称がある場合は、その名称
  (6) その他参考となる事項

(受入れ制限)
第5条 奨学寄附金は、次の各号に掲げる条件が付されているものは、これを受け入れない。
  (1) 寄附金により取得した財産を無償で寄附者に譲渡すること。
  (2) 寄附金の使途について、寄附者が会計監査を行うこととされていること。
  (3) 寄附金による学術研究の結果得られた特許権、実用新案権、意匠権、商標権及び著昨権その他これらに準じる権利を寄附者に譲渡し、又は使用させること。
  (4) 寄附申込後、寄附者がその意思により寄附金の一部を取り消すことができること。
  (5) その他教育・研究に支障が生じると認められる条件。
2.前項の規定にかかわらず、奨学寄附金を受け入れることにより新たな財政負担を伴うこととなる場合は、これを受け入れないものとする。
3.高額な奨学寄附金は、酪農学園大学学務部との協議を経て、後援会が設置する選考委員会に諮り答申受け、理事会で受入可否を審査する。

(審査基準)
第6条 選定委員会、理事会は、第3条に定める受入の原則及び第5条に定める受入制限につ いて抵触の有無を審査する。

(受入の決定)
第7条 奨学寄附金の受入可否は、理事長が決定する。

(受入の受諾)
第8条 決定を得た後に寄附者に対し、奨学寄附金の申し受け書を発行する。

(領収書の発行)
第9条 寄附者には免税証明付き領収書を発行する。

(奨学寄附金の交付)
第10条 奨学寄附金は、指定された研究及び当該研究者に学校法人酪農学園事務局を経由し交付する。
2.交付する奨学寄附金は、総額の3%を管理経費として徴収する。

(使  途)
第11条 奨学寄附研究費の執行は、寄附者の趣旨に沿って、学校法人酪農学園経理規定にしたがって行うものとする。

(活動成果と報告)
第12条 奨学寄附金にかかる報告書は、奨学寄附金の性格から成果物を求めるものではありませんが、研究者がその研究目的に適正に取り組んだことの証として研究報告書の提出を義務化する。

(管理責任場所)
第13条 奨学寄附金の受入に関するものは後援会の管理の下に取り進め、会計処理管理に関するものは学校法人酪農学園事務局が担当する。

附 則
1.この規程は、平成25年4月1日から施行する
2.この規程の改廃は、理事会の承認を得て理事長が定める。

財団法人酪農学園後援会(2013.07.09)|お知らせ, 全件表示, 各種関係規程

このページのTOPへ戻る