酪農学園後援会 > 2016

Topics

2016の記事一覧

掲載日:2016.12.19

年末年始休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ

平素より酪農学園後援会の活動にご協力賜わり、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、下記期間におきまして業務を休業させていただきます。

【休業期間】 2016年12月23日(金)~2017年1月5日(木)

年末年始休業に伴い、ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

2017年1月6日(金)より通常通り業務を再開致します。

財団法人酪農学園後援会(2016.12.19)|お知らせ, 全件表示
掲載日:2016.09.28

平成27年度事業報告、及び平成28年度事業計画に関して

平成27年度事業報告、及び平成28年度事業計画に関する関連帳票をPDFにて掲載します。

下記リンクよりPDFファイルを開き、ご確認ください。
平成27年度貸借対照表

平成27年度正味財産増減計算書内訳書

財務諸表に対する注記
平成27年度財産目録

平成28年度収支予算書総括

平成28年度収支予算書内訳表

ご確認の程、よろしくお願いいたします。

財団法人酪農学園後援会(2016.09.28)|事業報告, 全件表示
掲載日:2016.07.01

「健土健民110号」を掲載します。

本後援会にて年2回発行している「健土健民110号」を掲載します。
下記リンクより、PDFファイルを開き内容を確認できます。
>>健土健民110号
ご確認の程、よろしくお願いいたします。

財団法人酪農学園後援会(2016.07.01)|お知らせ, 全件表示, 広報紙「健土健民」
掲載日:2016.06.21

平成28年度 国際教育交流を図る団体に対する助成事業

                        公益財団法人酪農学園後援会
      平成28年度 国際教育交流を図る団体に対する助成事業

○助成金応募要項
1.趣旨(目的)
    酪農先進国カナダ並びにアジア各国との酪農技術向上を目指した交流を支援する事業で、我が国の酪農技術の向上により一般社会に寄与する事を目的としております。
本法人が掲げる「健土健民」の理念を理解する団体へ支援を致します。

2.応募資格
    当法人の所在地である江別市または近郊において、本事業の趣旨に合致する活動 を行う団体と致します。

3.助成額
    ①.28年度の助成金は1団体10万円以上30万以内で3団体程度とします。
    ②.助成金の使途は、国際交流事業を遂行する上で必要であれば自由です。
    ③.助成金の使用期間は、交付日より2年間と致します。

4.応募方法及び書類提出期限
    ①.応募団体は、当法人がホームページに掲載する申請書様式で申請下さい。
    ②.申請期限は、平成28年7月11日(月)迄とします。

5.選考方法 平成28年7月下旬開催予定の選考委員会で選定し、理事長が決定致します。

6.選考結果の通知及び助成金の贈呈
     平成28年8月末までに申請団体に通知します。
     採用団体はその際、助成金交付方法を指定下さい。

7.活動の成果及び会計報告の義務
    助成を受けられた場合は、団体の事業年度末の活動報告書・決算報告書を提出頂 きます。

8.申請提出先及び問い合わせ先
    公益財団法人酪農学園後援会   事務局(担当:永田)TEL  011-386-1195
                                        FAX  011-386-4541
                                        E-mail : rg-koen@rakuno.ac.jp

財団法人酪農学園後援会(2016.06.21)|お知らせ, 全件表示, 助成金申請ダウンロード
掲載日:2016.04.26

連休期間に係る休業のお知らせ

平素より酪農学園後援会の活動にご協力賜り厚く御礼申しあげます。
誠に勝手ながら、下記期間につきまして業務を休業させて頂きます。
「休業期間」 4月29日(金)~5月8日(日)
  ご不便をおかけ致しますが、よろしくお願い申しあげます。
5月9日(月)より通常通り業務を再開致します。

財団法人酪農学園後援会(2016.04.26)|お知らせ, 全件表示
掲載日:2016.01.01

「健土健民109号」を掲載します。

本後援会にて年2回発行している「健土健民109号」を掲載します。
下記リンクより、PDFファイルを開き内容を確認できます。
>>健土健民109号

ご確認の程、よろしくお願いいたします。

財団法人酪農学園後援会(2016.01.01)|お知らせ, 全件表示, 広報紙「健土健民」
 | 

このページのTOPへ戻る