酪農学園後援会 > 会員加入のご案内

Topics

会員加入のご案内一覧

掲載日:2013.11.26

維持会員・賛助会員加入のご案内

公益財団法人酪農学園後援会

維持会員・賛助会員加入のご案内

当会の前身である、酪農学園後援会は、1960年に当時の北海道知事町村金五氏を始めとする有志により、酪農学園の崇高な教育理念に賛同し学園の益々の発展を念願し設立され、1969年には財団法人酪農学園後援会(特定公益増進法人)となりました。爾来、在校生のご父母をはじめ、卒業生・学園教職員、企業及び団体様による維持・賛助会員会費並びに寄附金による経済的なご支援をうけ、酪農学園の教育事業を支援してまいりました。

酪農学園の今日の発展は、学園教育の真価を理解しご支援下さった多くの会員のお力添えと心から感謝申し上げる次第であります。

25年4月からは公益財団法人としてスタート致しました。

新定款に定めました目的、「健土健民の理念に基づいた、学校教育の振興と酪農後継者の育成、酪農・農業・食品・環境・獣医学等の学術及び科学技術の振興、国際教育交流の推進、酪農文化の普及・啓発活動をとおして社会をリードする有用な人材の育成に努め、酪農及び食料産業の振興を図り、社会に寄与する事を目的とする。」に沿って酪農学園の公益的な教育活動を通じて社会に公益を生み出してまいります。

酪農学園は、創立者黒澤酉蔵翁の志しを建学の精神・理念とし、民間からの私財を募って人材を教育する特異的な酪農義塾としてスタートした学校であります。当法人が公益目的事業として支援する酪農学園が、更に質の高い教育成果を達成するためには民間からの財政支援を想定しなければならない存在であると考えますことから、皆様には、厳しい経済状況下でありますが、是非とも維持会員に加入いただきたくお願いを申し上げます。

会員規程をご参照下さい。

会員加入を希望される方はこちら『後援会メール』に郵便番号、住所、氏名、連絡先を明記のうえお申込み願います。後日、入会に必要な関係書類を郵送でお送りいたします。

公益財団法人 酪農学園後援会

理事長 矢野 征男

財団法人酪農学園後援会(2013.11.26)|会員加入のご案内, 全件表示
 | 

このページのTOPへ戻る